MENU

院長ブログ

2022年5月19日

 新型コロナウイルス感染症の患者発生は多い状態が続いています。大型連休があけて、かえって増加しているようにも思えます。  現在は子どもたちの発生が多く、そこから家族内で大人に感染をおこしているケースが多いです。乳幼児では感染予防はなかなか難しいですが、注意をお願いします。

 ワクチン接種が予防に役立ちます。大人の方は3回目の接種はずいぶんと進んできましたが、若い世代は少し遅れているようです。また5〜11歳の子どもたちも、ぜひ受けさせるようにしてください。

 その他では、感染性胃腸炎の発生が増えています。園などでの集団発生もあるようです。

 溶連菌感染症アデノウイルス性咽頭炎が少しずつ発生しています。

 手足口病ヘルパンギーナも時々見かけます。