MENU

院長ブログ

2024年6月13日

 新型コロナウイルス感染症の発生は少なくなったのですが、集団発生している学校もあります。

 溶連菌感染症が多くなり、新潟県内に警報が出されています。

 手足口病ヘルパンギーナという夏かぜが多くなりました。糞口感染により広がっていきます。熱が下がり、口の中の痛みがなくなれば登園できます。

 アデノウイルス性咽頭炎の発生もあります。これも強い咽頭痛が特徴です。目の症状があるものは咽頭結膜熱といい、こちらも県内に警報が出されています。

 感染性胃腸炎の発生が少しあります。急に吐いたり下痢をするウイルス性の感染症です。

 RSウイルス感染症が発生があります。気管支炎を起こすウイルスです。

 ヒトメタニューモウイルス感染症も気管支炎を起こすウイルスで、流行している園があります。