MENU

感染症情報

感染症情報

<最終更新日:2024年05月16日>

 

[WEEKLY] 2024年5月16日

 B型インフルエンザ新型コロナウイルス感染症はほぼ収束しました。

 感染性胃腸炎の発生が少しあります。急に吐いたり下痢をするウイルス性の感染症です。子どもは脱水や低血糖になりやすく、具合が悪い場合は早めの対処が必要です。

 溶連菌感染症も発生しています。溶連菌という名前の細菌が喉について起きる咽頭炎です。強い喉の痛みと発熱が特徴で、抗菌薬による治療が必要です。

 アデノウイルス性咽頭炎の発生もあります。これも強い咽頭痛が特徴です。目の症状があるものは咽頭結膜熱といいます。

 RSウイルス感染症が発生があります。気管支炎を起こすウイルスです。

 ヒトメタニューモウイルス感染症も気管支炎を起こすウイルスで、流行している園があります。

 

健康に関する情報や感染症情報などをお伝えしています

  1. FM-J(エフ・エム上越、76.1MHz) 毎週木曜PM1:18~
    「Dr.ジローのこども健康相談室」
  2. 上越有線放送 「おはよう上越」毎月第3火曜AM6:00~(再放送「ゆうせんホットスタジオ」毎月第3火曜PM0:15~)
    「健康ライフ~子どもの健康管理」