MENU

感染症情報

感染症情報

<最終更新日:2020年11月19日>

 

[WEEKLY] 2020年11月19日

 新型コロナウイルス感染症が首都圏を中心にふたたび大きな流行になってきています。第3波なのでしょう。県内でも介護施設などで大きなクラスターが発生しました。今後の動向がとても心配です。まだ当地では市中感染にはなっていませんが、十分注意していてください。流行地との往来を避け、感染者との接触を避けること、またマスク着用、手洗いの励行、他の人との距離を十分にとるなど、感染予防の対応をひきつづきおこなっていてください。

 溶連菌感染症アデノウイルス性咽頭炎が少し発生しています。いずれも熱と喉の痛みが特徴で、いったん登園(登校)停止になります。溶連菌感染症では抗菌薬による治療が必要です。

 また感染性胃腸炎も少数の発生があります。子どもたちは脱水や低血糖になりやすく、ぐったりしている時は急いで受診してください。

 水ぼうそう(水痘)が一部の保育園や学校で発生しています。予防接種が済んでいると軽くすむため、発症にきづかないこともあります。周囲で発生がないか、確認してください。

 当地でははしか(麻疹)や風疹の発生はありませんでした。

 

健康に関する情報や感染症情報などをお伝えしています

  1. FM-J(エフ・エム上越、76.1MHz) 毎週木曜PM1:18~
    「Dr.ジローのこども健康相談室」
  2. 上越有線放送 「おはよう上越」毎月第3火曜AM6:00~(再放送「ゆうせんホットスタジオ」毎月第3火曜PM0:15~)
    「健康ライフ~子どもの健康管理」