MENU

感染症情報

感染症情報

<最終更新日:2020年09月17日>

 

[WEEKLY] 2020年9月17日

 現在、子どもたちの中で感染症の大きな流行はおきていません。

 新型コロナウイルス感染症の日本国内の流行は、地域によって差があります。首都圏などでの発生はまだ続いていますが、地方での発生はあまり起きていません。しばらくは流行地との往来を控えておく必要がありそうです。ひきつづき、マスク着用、手洗いなどの個人での対策をしっかり行っていてください。

 溶連菌感染症アデノウイルス性咽頭炎が少し発生しています。いずれも熱と喉の痛みが特徴で、いったん登園(登校)停止になります。溶連菌感染症では抗菌薬による治療が必要です。

 また感染性胃腸炎も少数の発生があります。子どもたちは脱水や低血糖になりやすく、ぐったりしている時は急いで受診してください。  当地でははしか(麻疹)や風疹の発生はありませんでした。

 10月からインフルエンザ予防接種が始まります。国から、高齢者は優先して接種を受けるようにとのアナウンスがありましたが、子どもたちもまた早めに接種を受けておく必要があります。かかりつけの医師にご相談のうえ、例年と同じように接種を受けるようにしてください。

 

健康に関する情報や感染症情報などをお伝えしています

  1. FM-J(エフ・エム上越、76.1MHz) 毎週木曜PM1:18~
    「Dr.ジローのこども健康相談室」
  2. 上越有線放送 「おはよう上越」毎月第3火曜AM6:00~(再放送「ゆうせんホットスタジオ」毎月第3火曜PM0:15~)
    「健康ライフ~子どもの健康管理」