MENU

院長ブログ

秘策はこれ

コロナワクチンの副作用軽減に、漢方が役に立つようです。
ある本に書いてあったので、「藁にすがる思い」で使ってみました。

41「補中益気湯」はだるさを抑える薬
27「麻黄湯」は発熱を対して使う薬
78「麻杏よく甘湯」は筋肉痛を軽減する薬

その本には、3種類を当日は就眠前まで服用し、翌日は症状があれば継続して服用とあります。
私は1回目、2回目とも接種部位の痛みはほとんどなかったので、78は保留。
今のところ2種類を飲んでいて、だるさも熱もなし。
このままいけるといいな。

今日は当院で12名が接種を受けています(職員の1/3)。
全員にこれらの漢方を渡してあり、みんな早速飲んでいるようです。
これまでの接種では、半分ほどは熱が出たり、だるさなどもあって寝込んでいたので、漢方が効いてくれることを願っています。

効果のほどは、また報告いたします。