MENU

院長ブログ

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます!

2022年(令和4年)の幕開けです。今年が(今年も? 今年こそ?)皆さんにとってより良い一年になるますよう、お祈りしています。

年末年始は各地で大雪でしたが、いかがでしたでしょうか。当地(新潟県上越市)平野部ではさほどの大雪ではなく、穏やかな年明けになっていました。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。新型コロナに追い立てられる一年になってしまうのかも。

新たなオミクロン株が日本でも流行になるのは時間の問題。感染力が強力なので、想像以上に早く、かつ大規模になるのかも。今年の初めは、そんな事態も想定しながらの診療になりそうです。

2月からは新型コロナワクチン接種が本格化します。まずは成人の3回目。さらに3月からは5〜11歳の接種が始まります。同時進行です。オミクロン株流行が迫ってきているので、1日も早く、多くの方に接種を受けていただく必要があります。

当院がどのように対応できるか・・それをしっかり考え、実行に移していきたいと思っています。

正直にお話ししますが、一年を通しての見通しがありません。なかなかできないです。

昨年も夏前からがらっと変わりました。180度回転したような激変でした。一年どころか、数か月先も見通せません。

今年はどうなるのか。それを話すことは野暮なことなのでしょう。その時々の課題、問題にしっかり取り組むこと。その結果として一年が形作られていくのでしょう。

今年の年末にどんな総括ができるのか。ワクワクする気持ちと、コワイ気持ちが同居しています。

ともあれ、今年も子どもたちの幸せのために力を尽くしていこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。