MENU

院長ブログ

誤ったメッセージ

☆誤ったメッセージ

新型コロナに罹患した高齢者が、わずか数日の治療であたかも回復したような振る舞いを見せていることに、恐怖すら感じます。
寄ってたかってあらゆる治療を受けていますが、市井の人々が同じ治療を受けられるわけではありません。
まして、公的医療保険制度整備されていないアメリカ合衆国では、医療というスタートラインに立てない方々が多数います。
コロナに打ち勝つことができるという物言いは、誤ったメッセージというしかありません。

まして、まだ数日。
肺炎による呼吸障害は、まだ発症の危険が去ったわけではありません。
伝染力のピークは過ぎているでしょうが、ゼロになったと言い切ることはできません。

どうか患者らしく振る舞ってください。
一臨床医からのお願いです(小児科医ですが)。