« 2019年03月 | メイン

2019年04月09日

56890502_2226519177439365_199772823156162560_n.jpg

☆リプライ
先日、新潟日報投書欄「窓」に高校生からの投書が掲載されました。
「病児保育充実と理解願う」と題された投書です。
自らの体験から病児保育はとても大切。
でも、それに対する社会の理解がまだ十分に進んでいないという内容です。
ご自身は保育士を目指し、さらに病児保育を担うようになりたいと希望されています。
いずれはそうしたいけれど、今出来ることは何かと考えた時、社会に広く訴えようと考え、投書するに至ったそうです。
そんな高校生の気持ちが込められた投書を読み、心が温かくなりました。
病児保育の必要性を強く訴えてくれていることも嬉しかったです。
何よりも、若者の立場から、新聞という硬いメディアに能動的に関わっていただいたことがとても嬉しく感じました。
現代の社会では、もっと簡単に社会に発信できるツールが色々とあります。
アメリカの大統領も、ツイッターでチョコっと思ったことを発信しています。
手軽ではありますが、深く物事に考えを巡らせることはしていません。
それに比べれても、高校生がしっかりとした考えをもち、きちんとした文章を書き記しているが、とても嬉しいし、頼もしく思えました。
病児保育に携わっている小児科医として、彼女の気持ちに応えないといけないな。
そんな気持ちで投稿しました。
彼女の期待に添えるよう、これからも病児保育をしっかり担っていきたいと思っています。

投稿者 tsukada : 13:21

2019年04月07日

56994146_2223541791070437_8870765216242073600_n.jpg

56835562_2223541797737103_4168448344122720256_n.jpg

56490440_2223541864403763_8579741032583790592_n.jpg

☆高田公園のソメイヨシノは満開です

投稿者 tsukada : 11:56

2019年04月05日

navi_top_logo.png

☆大阪マラソン
「世界の子どもにワクチンを」のチャリティーランナーとして走ることなりました。
応援、よろしくお願いします!!

投稿者 tsukada : 11:47

2019年04月03日

56120172_2217119755045974_7259239129676775424_n.jpg

☆逆戻り
サクラが咲き始めたというのに・・
お花見を楽しめるのは、数日先になりそう。
次の週末はお天気も良くてお花見日和。
来週もまた天気が悪くなれば、そのまた次の週末も大丈夫でしょう。

投稿者 tsukada : 11:51

2019年04月02日

55698586_2215433198547963_9007368072725528576_n.jpg

☆女子高生と病児保育
昨日(4月1日)の地元紙「新潟日報」投書欄より。
はい、病児保育は知っていますよ!
病気になった子どもたちのためにも、その親御さんたちにも大いにお役に立っていることも、知っていますよ(^。^)
病児保育がもっと拡がってくれると良いですね。
もっと多くの病児保育施設ができたらいいなと思っています。
できれば、かかりつけの小児科医のもとで、診察を受け、必要ならそのまま病児保育も受けられればいいですね。
戦後、高度成長期(昭和30年代後半から10年ほど)に「ポストの数ほど保育所を」という運動がありました。
今は、「小児科医院の数ほど病児保育を」って、私が勝手に言ってます。
いや、それにしてもしっかりした女子高生です。
きっとしっかりした保育士さんになってくれることでしょう。
今から青田買いしておこうかな?(^。^)

投稿者 tsukada : 17:03

2019年04月01日

56485551_2214462421978374_5615597120212959232_n.jpg

☆いざ出陣!
上杉謙信公が出陣前に兵士に食べさせた・・
そんないわれがあるのか、ないのか。
昨日と今日の限定で、地域の和菓子店が発売しています。
「お強(たち)の餅」。
職員用に買ってきてもらいました。
まあ、美味しいかな。
とりあえず、新年度の初日、元気よく仕事をしてもらいましょう。
いざ出陣!です(^。^)

投稿者 tsukada : 16:41

55698731_2214440641980552_4073870149197758464_n.jpg

☆「雪」
今日から新潟日報で始まった連載。
毎日、漢字一文字を取り上げ、それにまつわる話が綴られます。
その第1回は「雪」。
雪国にとってはお荷物。
そう言いながら、でもやっぱり次の冬も雪と付き合い、暮らしている。
ここで紹介された句の作者は、私の高校時代の教師。
倫理社会を教えていた、一見厳しい先生でした。
句を詠まれ、朝日新聞の歌壇によく投稿されていました。
そんな思いも交錯しながら読ませてもらいました。
「雪」という漢字が箒(ほうき)だったんんて、初めてしりました。
なかなかいいコラムです(^。^)
漢学者の諸橋轍次博士の郷里は新潟県三条市。
そのご縁で、漢字の検定委員会があるのだそうです。
おの監修のもと、4人の漢字学者(?)が交代で執筆しています。
初日は「つ」さん。
これまで長々と説明していたのは、私に関係がある人だから。
兄の「塚田勝郎」です。
私と違って、文系に進み、漢文を専攻。
そして、漢文の学者であり、教師として仕事を続けています。
どうぞ、この欄もご愛読ください。
今日、新元号が発表されたので、明日と明後日はその漢字を取り上げるそうです。
「つ」さんは2文字目の「和」が担当。
明後日の掲載になります。
明日には入稿するので、きっと今は知恵を絞っていることでしょう。

投稿者 tsukada : 16:32

観桜会は今日開幕

55666870_2212600258831257_3050279752075051008_n.jpg

54728613_2212600268831256_7838333130724343808_n.jpg

我が家も昨日、お花見の準備をしましたよ。

投稿者 tsukada : 12:11

56140432_2212540758837207_3194617574075662336_n.jpg

56222461_2212540775503872_815662461863591936_n.jpg

☆ソメイヨシノ@高田公園

昨日の写真ですが・・
これ、開花じゃない?

投稿者 tsukada : 10:05