« 観桜会は今日開幕 | メイン | »

2019年04月01日

55698731_2214440641980552_4073870149197758464_n.jpg

☆「雪」
今日から新潟日報で始まった連載。
毎日、漢字一文字を取り上げ、それにまつわる話が綴られます。
その第1回は「雪」。
雪国にとってはお荷物。
そう言いながら、でもやっぱり次の冬も雪と付き合い、暮らしている。
ここで紹介された句の作者は、私の高校時代の教師。
倫理社会を教えていた、一見厳しい先生でした。
句を詠まれ、朝日新聞の歌壇によく投稿されていました。
そんな思いも交錯しながら読ませてもらいました。
「雪」という漢字が箒(ほうき)だったんんて、初めてしりました。
なかなかいいコラムです(^。^)
漢学者の諸橋轍次博士の郷里は新潟県三条市。
そのご縁で、漢字の検定委員会があるのだそうです。
おの監修のもと、4人の漢字学者(?)が交代で執筆しています。
初日は「つ」さん。
これまで長々と説明していたのは、私に関係がある人だから。
兄の「塚田勝郎」です。
私と違って、文系に進み、漢文を専攻。
そして、漢文の学者であり、教師として仕事を続けています。
どうぞ、この欄もご愛読ください。
今日、新元号が発表されたので、明日と明後日はその漢字を取り上げるそうです。
「つ」さんは2文字目の「和」が担当。
明後日の掲載になります。
明日には入稿するので、きっと今は知恵を絞っていることでしょう。

投稿者 tsukada : 2019年04月01日 16:32