« | メイン | »

2019年03月05日

東京マラソン・振り返り

53465083_2173663422724941_7913966173367042048_n.jpg

とっても寒かった東京マラソン・・
終わって2日経ち、辛い気持ちはもうなくなってきました。
この写真は、ゴール直前(100メートルほど手前)。
暖かいお茶をもらった時のものです。
ちょっといい顔していますね・・。
当日は7時すぎにスタート会場の都庁前に。
その時点からもう雨模様でした(予報は午後からだったのに)。
スタートまで2時間ほど、雨の中を立っていました。
この時点でもう寒くなり、ガタガタを身震い。
土砂降りではなかったけれど、しだいにシューズも濡れてきて、モチベーションは下がりっぱなし。
それでもスタートから20キロほどは、キロ7分弱のイーブンペースで走れていました。
しかし、その後はやはり不調に。
まずトイレ待ちが15分ほどと、とても長かったですね。
寒かったので、いつも以上にトイレに通う回数がみな多かったのかもしれません。
25キロくらいからは吐き気も。
例の漢方薬(金の玉!)はスタート前と20キロくらいに飲んでいました。
吐き気がでてきたので、「五苓散」も併用。
でも、その後は嘔気があり、イオン飲料だけではなく、普通の水もなかなか飲めなくなりました。
あきらめていくつかのエイドでの給水を諦めていたくらい。
確実に脱水状態に近づいているとは思っていましたが、飲まない方が楽だったので、まあいいかと。
30キロ地点(銀座、木村屋前)で、兄に頼んでおいたアンパンと栄養ドリンクも口にすることができずにパス。
でもこの時に、手袋をもらいました。
すでにぐちょぐちょに濡れていたので、乾いた手袋は嬉しかったです。
写真に写っているのがそれです。
実はこれ、昨年亡くなった私の母親のもの。
形見?
母親と一緒に走っている気持ちにもなり、嬉しかったです。
30キロ以降は少し立て直して、ときどき歩きは入りますが、それでもおおむね走り続けることができました。
水分も少しずつ摂れていて、脱水が強くなることはなかったようです。
足は意外に元気。
疲れて歩くことはあっても、足が痛いとか、つってしまったとかなどのトラブルは起きていません。
途中家族の者に連絡をとり、暖かいお茶を持ってきてもらいました。
それが左手にもっているペットボトルです。
半分ほど一気に飲めたり、美味しかったです。
また元気がでてきて、もう一周走って来れそうなくらいな気持ち(ウソ)。
そして笑顔でフィニッシュすることへ(きっとそのはず)。
そのあと、ボランティアの方から完走メダルを首にかけてもらったのですが、思わずホロッと涙が。
こんなこと、5回の東京マラソンではなかったことです。
こんな雨で、厳しい状況のなか(おまけに歳と練習不足で実力がガタ落ちしているなか)、完走できたことがやっぱり嬉しかったです。
更衣したあと、徒歩で東京駅に。
そこでさっそくビールをいただきました。
あれだけ吐き気があり、寒がっていたのみ、冷たいビールが美味しいなんて、自分でもおかしかったですよ。
2週間ほど断酒していたのですが、それも関係あるのかも。
走ったあとのビールを美味しいと感じる限り、まだ走り続けたいと思っています。
翌日からは普通に仕事していますし、筋肉痛もほとんどなし。(翌日の朝、「疎経活血湯」を1包内服)。
関節痛もなく、爪がはがれたりもしていないので、ダメージは少なかったようです。
多くの方に応援していただいたり、心配していただいたりしていましたが、ありがとうございました。
無事、東京マラソン2019は終わりました。
さて、来年はどうしようかな・・。
きっと懲りずにまた出走しているんじゃないかな。
今回より多少は練習して体力増加をしておきます。
お願いだから、もっと天気良くなってほしい・・自然相手にそんなことを言ってもムダでしょうが。
以上、今年の東京マラソン・振り返りでした。

投稿者 tsukada : 2019年03月05日 18:35