« | メイン | »

2018年10月03日

42987171_1940302919394327_580599954020499456_n.jpg

43082514_1940292482728704_6728285187962044416_n.jpg

☆あと4日
次の日曜日は地元でくびき野100キロマラソン大会。
隔年で開催され、全国的にもとても人気です。
私は60キロの部にエントリーしています。
スタートは名立区のうみてらす名立。
私にとっては「聖地」です(^_^;)
今日は名立区で赤ちゃん健診。
行きはタクシー、帰りはランで帰院。
大会直前ではあるのですが、不安感を吹き飛ばすために17キロほどを走って来ました。
ゆっくりペースですが、歩いてしまうこともなく気持ち良く走れました。
体調は良いようです。
今日も20度台後半で、やや暑かったのですが、大会当日は台風の影響で30度以上になるようです。
暑いのは苦手なのに・・
そこで一手を考えました。
「清暑益気湯」という、熱中症の予防や治療に使う漢方です。
さっそく今日試してみました。
体がポカポカしてきました。
おそらく体の中の余分な熱を、皮膚の表面から放出してくれているのでしょう。
当日はこれで熱中症対策に期待できそうです。
他にもいくつ役に立ちそうな漢方も持って行きます。
「芍薬甘草湯」は、筋肉がつった時の特効薬。
これまで出番はないのですが、ランナー必携の漢方です。
「五苓散」は、胃腸の弱い私の必需薬。
特に急に腹痛を伴う下痢になったら、これで役に立ちます。
「疎経活血湯」は筋肉痛をよくとってくれます。
これは走った後に飲むと、筋肉のこわばりもなくなり、翌日から普通に歩くことができます。
(自分で実証済み)
もう一つ、胃食道逆流のための上腹部痛が起きた時には「六君子湯」も持っていった方が良さそう。
これも私の常備薬。
あ、それと虫に刺された時には「越婢加じゅつ湯」も効果的。
(これもこの夏にアブに刺されてひどく腫れた時に効果的でした)。
漢方の力を借りてまで走りたいのか?と言われるかもしれません。
ほとんどドーピングだと言われそうです(笑)
実際には、不安感の解消が一番の目的。
今日走ったのもそうです。
走れるかな・・止めとけば良かったな・・
などとネガティブな気持ちになるのはイヤですね。
マラソンはけっこうメンタルが関係するです。
今回は漢方パワーを駆使して、完走を目指します!

投稿者 tsukada : 2018年10月03日 19:24