« 避難訓練 | メイン | 冬に備えて »

2018年07月03日

36616249_1796380120453275_2800459281336369152_n.jpg

☆看護大生実習
毎年、市内の県立看護大学の実習に協力しています。
今年は1チーム2人が3日間ずつ。
3チームで、トータル9日間の実習。
今日はその最終日。
お預かりしていた学生さんが、しっかり勉強できたようで、ほっとしているところです。
当院での実習はちょっとユニークです。
一番の「教員」は保育士です。
病児保育を通して、子どもたちと接することも体験し、さらに子どもの病気についても知ることができます。
さらに臨床心理士や栄養士のレクチャー付き。
もちろん小児科医や看護師の働く現場を体験できます。
各チームの最後の日は、私のレクチャーがあります。
学生さんから実習の感想を聞いたり、質問に答えたりする時間。
小児科診療の最前線での話は、多少なりとも役にたつのではないかと思っています。
学生さんは最終学年。
来春には卒業し、看護師として巣立って行きます。
臨床の現場に行く人もいますし、養護教諭を目指して進学する人もいます。
それぞれがさらなる飛躍を遂げられるよう、願っていますよ。
みんな、頑張ってね!

投稿者 tsukada : 2018年07月03日 18:48