ガンマ・グロブリンと予防接種

半年、予防接種受けられず(5月に川崎病になり、ガンマグロブイン?使ったから)11月中旬から予防接種受けられます。担当の先生は、「インフルエンザの予防接種よりも、今まで出来なかったポリオ(1回目は4月頃受けた)2回目・三種混合追加・風疹・はしかの予防接種、優先的にした方がいい。今は、インフルエンザになったかわかるチエッカーもあるから・・・」と。今年も(去年もしなかった)インフルエンザの予防接種は、できませんよね?あと、予防接種の順番は?どれ先に?どの位あけたら次の予防接種出来るんですか?(上越・Nさん)

ガンマ・グロブリンというのは血液中にある免疫蛋白質で、いろいろなウイルスや細菌に対する抗体が含まれています。
注射によって使用しますが、外から入れられたガンマ・グロブリンが血液中に残っていると、予防接種で「注射によって体内に入れられる生ワクチン」が中和され、効果が十分に発揮されないことがあります。
体内に入れられたガンマ・グロブリンは次第に減少し、いずれは消失します。
ガンマ・グロブリンの通常量による使用では3か月程度、川崎病、特発性血小板減少症などで比較的大量に使われた時には6か月程度すれば完全に消失すると言われています。

「注射によって体内に入れられる生ワクチン」が問題になります。
はしか(麻疹)、風疹、水ぼうそう(水痘)、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)などです。

不活化ワクチンまたはトキソイドはガンマ・グロブリン投与と関係がありません。
三種混合(二種混合、破傷風単独も)、日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎などがそうです。
また、現行のポリオ・ワクチンは生ワクチンですが、注射ではなく経口投与ですので、ガンマ・グロブリン投与とは無関係です。

季節的にはインフルエンザ予防接種を早めに行ってほしいと思います。
それ以外では、病気の重症度から言ってはしか(麻疹)が最優先だと思います。
風疹は現在流行の兆しはありませんし、仮に小児が風疹に感染しても通常は重症にはならないので、優先する必要はありません。
ポリオは、やはりに日本での流行はありませんし、2回の接種が6週間以上あいていればいくらあいても(何か月、何年・・)効果には全く変わりありませんので、やはり優先度は低いです。
三種混合は初回の3回がきちんとすんでいれば、1年半は十分に免疫がありますし、それ以上あいても次第に免疫が弱くなりますが、追加を1回受ければ、それ以降の面気の出来方には変わりありません。やはり優先させなくてもいいです。

インフルエンザ予防接種はそれを受けてから1週間あければ次の接種ができます。
はしか(麻疹)予防接種からは4週間あけます。
この二つを年内にすませておくのが、実際的かと思います。

2002.10.28

目次の
ページへ

このホームページ
のトップへ

(画面の左にフレームがない方)
ホームページのトップへ

塚田こども医院Q&A2002年10月